腰痛シンポジウム

腰痛シンポジウムに行ってきました。日常診療で診ることの多い腰痛について、そのメカニズムと治療法についての講演でした。

⚫️中村雅也教授(慶応大学)
平成22〜24年にわたる疫学調査の結果、慢性疼痛の有症者は15.4%で、疼痛部位は腰、頸、肩、膝に高頻度にみられた。有症者の42%が治療を受け取り、その内訳は医療機関が19%、民間療法が20%であった。治療期間は1年以上が70%と長期化しており、症状は3割が不変か悪化しており、治療に対する満足度は低かった。
→確かに!日常診療でもそのくらいの数字のような印象を受けます。運動器の慢性疼痛に対する治療体系を改めて見直すべきだと思いました。

⚫️関口美穂教授(福島県立医大)
腰椎椎間板ヘルニアはヘルニアによる神経根の圧迫(機械的圧迫因子)と炎症性サイトカイン(化学的因子)の両因子の存在が疼痛発現の病態として注目されている。
→緻密な研究に頭が下がります。

⚫️田口敏彦教授(山口大学)
神経機能障害からみた腰痛は、非器質的疼痛でなければ、侵害受容性疼か神経障害性疼痛かあるいはその混合性疼痛であり、6つの神経が痛みを発していることになる。侵害受容器のない神経根・馬尾・交通枝の痛みはすべて侵害受容性疼痛である。
→何度伺ってもわかりやすい講演で頭が整理されます。

⚫️川口善治教授(富山大学)
実際に腰痛患者に進めているWalkingと背筋運動について。
→早速、明日から外来で指導してみよう。

⚫️片田重彦先生(かただ整形外科)
仙腸関節機能障害とAKAー博田法
腰痛の原因は1980年仙腸関節運動障害があり、その軟部組織に存在する侵害受容器から疼痛が出現する。仙腸関節機能障害には3つの病態があり、機能異常を主体とする仙腸関節機能異常、関節炎を主体とする仙腸関節炎、その両者の混在する仙腸関節炎特殊型とした。腰痛に伴う神経脱落症状のない下肢痛としびれは、ほとんどすべて仙腸関節機能障害から生じる関連痛である。
→一度拝聴したかった講演です。是非一度、AKAの研究会に参加してみたいと思いました。

⚫️牛田享宏教授(愛知医科大学)
諸外国では半世紀以上前から麻酔科、整形外科、精神心理の専門家などを集積させ、しんりょうする集学的アプローチが進められてきている。本邦では2010年に”今後の慢性の痛み対策について(提言)”をまとめ、それに沿って集学的痛みセンターの開発が行われている。
→全く知りませんでした。このような取り組みが始まっていたのですね。

⚫️土井田稔教授(岩手医大)
手術療法
腰痛のメカニズムはすべての要素が複雑に関与していることが多く、個々の症例に応じて正しい病態を見極めた上で最適な手術療法を選択することが重要である。


シンポジウムの内容を書き留めました。

学校の部活・社会人スポーツでケガを負った方へ

安藤整形外科のリハビリテーションでは自宅での生活が困難になってしまった患者さんのみならず,学校の部活で負ったケガや社会人スポーツでケガをされた方に対してもリハビリテーションを実施しております.

具体的にはアスレティックな動きを取り入れた筋力トレーニング,柔軟性を向上するためのストレッチ,関節の骨の位置関係を正す徒手療法を用いて理学療法士が治療を行っています.

実際に来院いただいた患者さんで部活や社会人スポーツへ復帰された方が大勢いらっしゃいます.

肩が痛くてボールが投げられない,脚が痛くて走れない,等の悩みがあれば是非来院していただき,医師の方と相談のうえ,リハビリテーションにいらっしゃって下さい.

その悩みを解決出来る様に我々,理学療法士は鋭意努力いたします.

受付システムの改善 ①:WEBでの診察順番確認

当院では昨年より電子カルテ導入や診察券の変更など、受付システムの改善に努めてまいりました。
新しいシステム導入の度に、受診くださる患者様には大変ご迷惑をおかけしております。

診療待ち時間が長い事は、患者様からご指摘いただく一番多いクレームです。
でも、整形外科では、診察待ち時間を減らす事はとても難しい課題なのです。
なぜなら、整形では処置や診療に予測できない長い時間がかかることが多くあるからです。

そこで、当院では診察の待ち時間が減らせないのであれば、診察の待ち時間を有効に過ごして頂こうと考えました。受付後、診察券に診察順番が印字されます。待ち合いに現在の診察の順番が表示されているので、おおよその待ち時間の目安になります。ただし、クリニックの診察順番は、患者様の診察終了後に掲示されるので多少の前後があります。また、担当医によっても順番が前後いたしますがご了承ください。

また、今月よりクリニックの診察順番が外出先から確認できるようにしました。診察券の裏に印字されているQRコードからエントリーしてください。また、ご登録いただければ診察順番が近づいた方に診察前の通知をメールでお知らせできるようにもなりました。どうぞご利用ください。


診察順番

足爪の治療 ①爪をいじる癖

足趾爪のトラブルは、皮膚科でも形成でも整形でも扱われる事がありますが、積極的に治療をしていないところもあります。なので患者さんの立場であれば、どこで相談すればよいのか悩まれるのではないかと思います。
自己流に爪の処置を夜な夜なこもっていていたり、爪が痛むのでいつもブカブカの靴を履いていたり・・・散々苦しんで自分の手に負えなくなってから当院に来院される事が多いのですが、正しい知識を持って爪を手入れすれば、多くの爪は奇麗な丈夫な爪に生まれ変わります。最近ではフットケアのお店も沢山できてきました。是非、一人で悩まず一度専門の施設を尋ねてみてください。きっと、足の痛みから解放されてすっきりすることでしょう。


足爪トラブル ①爪をいじる癖

爪をいじる癖のなかに、爪を指で剥いてしまうタイプがあります。
常に爪切りを使用する事なく奇麗に指だけで爪の白い部分をむいてしまう癖です。
上手に剥けるときはよいのですが、時々深く剥けてしまったり、爪縁を残して炎症を起こし、化膿して激しい痛みを伴う事もあります。普通の陥入爪のように見える軽症のタイプても、この治療はかなり難渋します。

爪触り症

このようなケースは、VHO(ワイヤー)などの処置をしても、2〜3週間もしないうちに上手に爪ではがされてしまいます。なぜなら、爪をいじる癖の原因が解決されなければ根治しないからです。

爪触り症VHO

このタイプで来院されるのは子供さんに多く、ご両親と話し合いながら治療を進める必要があります。
可及的に炎症と痛みが落ち着いても、再発する事も多いのです。
重症化すると爪は醜状変形をしてきます。この場合はジェルやマニキュアでコーテイングしたり、つけ爪で自爪を保護しながら爪を伸ばして変形を直します。




今年の花壇 ②

瀕死のオクラ

やせっぽちのオクラに立派な実ができました。
嬉しい!
20140629オクラ2

Pagination