腱板損傷

腱板損傷

腱板とは肩関節の安定性に関与している筋肉。インナーマッスルである。
棘上筋・棘下筋・小円筋・肩甲下筋の4つの筋肉を腱板という

腱板が弱ると肩関節が不安定になり痛みがでることがあります。
普段からかなり意識して肩を動かさないと腱板はうまく使えていません。
加齢とともに気づかないうちに腱板の筋力低下または機能不全を起こしています。

肩関節に痛みや違和感を訴えて病院受診しMRI検査をして医師が診断します。

腱板を鍛えるには軽い負荷で行う体操を専門家のもとで実施することが重要です。
普段あまり意識して使わない筋肉なので鍛えるというより“動かしかたの再学習”と著名な先生はおっしゃっていました。

腱板が損傷している場合は無理には鍛えることはできませんので、腱板に負担がかからないように肩甲骨の動きも大切になります。

くわしいやり方は当院リハビリテーション科理学療法士にて指導させていただきますので当院受診していただきその旨を医師にお伝えください。

Pagination

Trackback

Trackback URL

http://andoseikei.blog.fc2.com/tb.php/22-30d72954

Comment

Post Your Comment

コメント登録フォーム
公開設定