脊柱

脊柱

脊柱の役割は教科書的に①支持性(stability)②可動性(mobility)③脊髄などの神経組織の保護(nerve tissue protection)となっています。

その他にもう1つ大切な機能があります。

それは衝撃吸収(shock absorption)です。

脊柱はS字状に弯曲していことで外部からの衝撃を吸収することができます

この機能が低下すると頸部痛や腰痛の原因になります。

脊柱は頸椎7個・胸椎12個・腰椎5個・仙骨・尾骨があり、それぞれ関節を形成しています。
椎間関節、肋椎関節、仙腸関節と1つ1つの骨が正しく動けば1か所の椎間関節に負担が少なくなるのですが、筋肉の硬さや筋力低下とくに抗重力筋の弱さがあると1か所に負担がかかり続け、ヘルニアや狭窄症、分離症、すべり症、変形性疾患といった状態になります。

全国的に有名な理学療法士の一人は頸部痛や腰痛の他にしっかりと脊柱を動かせることができれば炎症のない慢性痛であれば膝の痛みもほぼ0にすることができると言っています。

たしかに脊柱の動きを促すと慢性痛の痛みが少なくなることを経験していますが、ほぼ0にすることができるかは疑問が残ります。

しっかり脊柱を動かす手技や手法は多々あります。どの手技でもいいと思いますが、痛みのある関節のみをみてても良くなりません。近位関節、隣接関節、さらには全身へと動きをみなければ局所の改善は少ないのではないかと思います。

整形外科疾患は部位の疾病を主訴とする全身疾患がゆえに全身をみて局所をみて、さらに局所をみて全身をみなければより良い理学療法は提供できないでしょう。

Pagination

Trackback

Trackback URL

http://andoseikei.blog.fc2.com/tb.php/19-86968205

Comment

Post Your Comment

コメント登録フォーム
公開設定