股関節の痛みでお困りの方へ

股関節の痛みを訴える病気はいろいろありますが、特に多いのが変形性股関節症です。

変形性股関節症
概説
変形性股関節症は、関節軟骨の変性、摩耗により関節の破壊が生じ、これに対する反応性の骨増殖(骨硬化、骨棘)を特徴とする疾患で、原疾患が明らかでない一次性股関節症と、何らかの疾患に続発する二次性股関節症に分類できる。一次性股関節症はわが国においてその頻度は少なく15%前後とさせている。二次性股関節症の原因には多くのものがあるが、わが国では先天股脱、亜脱臼、臼蓋形成不全によるいわゆる亜脱臼性(脱臼性)股関節症が多く、全股関節症の80%を占める。¹⁾

股関節は骨盤とももの骨である大腿骨で構成されています。
骨の周りには靭帯や関節包がありその周りには筋肉があります。
股関節は足関節や膝関節と同じように体重がかかる荷重関節です。
そのため立ったり歩いたりするだけで常に負担がかかっています。
負担がかかると軟骨がすり減ったり、関節が硬くなったりします。
そうすると痛みがでて歩くのが困難になったり、しゃがめなくなったり、靴や靴下をはくのが困難になります。そのまま放置していると症状が悪化し、手術をしなくてはいけなくなることともあります。
症状を悪化させないようにするには股関節周囲の筋力や柔軟性が重要になります。
股関節に負担がかかりにくくするためには骨盤の動きも大切です。骨盤は脊柱と連結しているので脊柱の可動性を向上させる運動をすると骨盤の動きがでて股関節への関節負担が軽減し、痛みが少なることを多く経験します。
人それぞれで体の使い方や筋力・柔軟性は違いますので個々にあった運動プログラムが必要です。
当院では個々にあったプログラムを運動や動きの専門家である理学療法士が評価し立案させていただきますので、ご希望のかたは当院受診していただき医師とご相談ください。


引用文献
1)標準整形外科学第8版 監修 石井精一 平澤泰介 医学書院 p504

Pagination

Trackback

Trackback URL

http://andoseikei.blog.fc2.com/tb.php/15-4d09b4f6

Comment

Post Your Comment

コメント登録フォーム
公開設定