FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

四十肩・五十肩 肩の痛みでお困りの方へ

四十肩・五十肩は医学的にいうと肩関節周囲炎といいます。肩関節の痛みや可動域制限が起こり、日常生活に支障をきたします。

肩の痛みといってもくわしくみると下記のように分類されています。

肩関節周囲炎、五十肩
肩峰下滑液包炎
石灰沈着性滑膜炎
腱板損傷・腱板断裂・腱板疎部損傷
上腕二頭筋長頭腱炎
烏口突起炎
反復性肩関節脱臼
スポーツ障害肩 など

医師による診察、レントゲン画像やMRI検査を実施することでこれらの診断がつきます。
診断が確定し治療方針が決定します。
痛みが強くあまり動かせない場合は内服治療や関節内注射を実施します。

リハビリテーションでは病態をしっかり見極めリスク管理をしながら愛護的なストレッチや肩甲骨周囲筋・腱板のトレーニングを実施します。
また肩関節は胸郭上に浮遊しているような特徴をもつため胸郭の柔軟性や脊柱の可動性など全身から影響を受けていることが解明されてきています。
そのため肩関節周囲だけではなく肩甲骨を含めた体幹の動きや頭頸部・骨盤・下肢の動きにも注目して評価していくことが重要になります。

自己流でやみくもに動かしているだけでは痛みや硬さを増強させてしまうことがあります。

当院では理学療法士による個別リハビリテーションを実施しております。また患者様個々にあった自宅でできる簡単な体操を指導することもあります。

リハビリテーションをご希望の方は当院受診していただき医師とご相談ください。

Pagination

Trackback

Trackback URL

http://andoseikei.blog.fc2.com/tb.php/10-d678ecb6

Comment

Post Your Comment

コメント登録フォーム
公開設定

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。