FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

変形性膝関節症

膝の痛みでお困りのかたへ

膝関節はももの骨である大腿骨とすねの骨である脛骨と膝のお皿と言われる膝蓋骨で構成されています。骨の周りには軟骨や靭帯・筋肉があります。
膝関節は荷重関節であり、日常で立ったり歩いたりするだけで常に負担がかかっています。またスポーツをするとさらに負担がかかります。そのためトラブルの多い関節の1つです。

膝関節に痛みがでる病気・病態
・変形性膝関節症
・半月板損傷
・靭帯損傷・捻挫
・膝蓋大腿関節症
・オスグット病
・ジャンパー膝
・離断性骨軟骨炎など

膝関節に痛みがでる病気・病態はいろいろありますがそのなかでも多いのが変形性膝関節症です。

変形性膝関節症
高齢者の愁訴で最も多い骨・関節疾患は腰背痛と膝関節症である。有症の変形性膝関節症の患者は、全国で800万人を超えると推定されており、社会問題となっている。また、運動器不安定症をきたす代表的な疾患でもある。変形性膝関節症は関節軟骨の変性を基盤とした非炎症性の疾患である。¹⁾

と教科書には記述されています。
大腿骨と脛骨の間には半月板といわれる軟骨があります。軟骨は加齢や外的刺激に伴いすり減り、変形していきます。
この時、膝関節に痛みや腫れが出現します。
痛みや腫れが長く続くと関節の変形を助長してより多く変形してしまいます。
早期に痛みや腫れを抑えることが重要になってきます。

そのためには正確な診断や治療が大切です。

痛みを抑えるには薬による内服治療やより痛みが強い場合は注射療法があります。

併用してリハビリテーションも一つの手段として有効です。
リハビリテーションでは関節の変形を直接治すことはできませんが、身体の柔軟性や筋力を向上させ、姿勢や動作を変えることにより膝関節に負担がかかりにくくすることが可能です。膝関節に負担がかかりにくくなると痛みが軽減します。また関節の循環がよくなります。
膝関節に負担がかかりにくくするためには膝関節のトレーニングはもちろん必要ですが隣接関節である股関節や足関節、さらには体幹を含めた上半身の柔軟性や筋力も大切になってきます。
歩き方(歩容)も大切です。悪い姿勢で歩いていると膝関節に負担がかかりますので、正しい姿勢で歩くことも大切です。

当院では理学療法士による個別リハビリテーションを実施しておりますので、ご希望の方は受診していただき、医師にご相談ください。

引用文献
1)標準整形外科学第11版 監修内田淳正 医学書院 p639

スポンサーサイト

スポーツフォーラム21に参加してきました

プロスポーツ選手をはじめ医療従事者やスポーツトレーナーから信頼の厚い昭和大学藤が丘リハビリテーション病院スポーツ整形外科教授 筒井廣明先生が代表世話人のスポーツフォーラム21に参加してきました。

日時:平成26年1月12日(日)
場所:パシフィコ横浜
内容:上肢アライメントと上肢機能

投球障害肩・肘まとめ
代表的な投球障害
腱板断裂
腱板疎部損傷
関節唇損傷
SLAP損傷
上腕骨近位骨端線離解
OCD(離断性骨軟骨炎)など

投球動作とは全身運動である。
肩・肘の機能だけではなく全身の機能をうまく働かせることが大切。

障害に至った経緯を考え、そのストーリーに治療のヒントある。
理学療法士が介入することで、肩・肘のどこにストレスがかかっているかを見つけ、投球動作時過度な負担がかかっていないどうかを評価する。過度な負担がかかると上記のような投球障害を起こすことがある。具体的に投球フォームが悪い理由が広背筋の硬さや腱板の弱さ、また体幹の弱さだと判断できればそこにアプローチをする。

また、医師と理学療法士またトレーナーや現場の人間などが密に連携をとることでより良い医療を提供できる。

我々理学療法士は運動療法や徒手療法を用いて症状の改善を目指し、スポーツ復帰を目指す。

腰の痛みでお困りの方へ

腰の痛みでお困りの方

腰痛を解消するために知っておきたいこと

① 腰の構造・解剖・筋肉
いわゆる背骨は27個あり腰の骨はその内の5個を腰椎と言います。
腰椎と腰椎の間に椎間板という軟骨があります。
腰椎は骨なので硬く、椎間板は軟骨なのである程度の柔軟性があります。
脳から下半身をつなぐ神経は腰椎に守られるように通っています。
腰椎と腰椎のまわりには軟部組織といわれる靭帯や筋肉がついています。
この筋肉は加齢とともになにもしないと弱ります。筋肉が弱ると腰の安定性がなくなり腰痛の原因となります。
腰の安定性に関与する組織は腹筋、背筋、骨盤底筋群、横隔膜があります。
腹筋には腹横筋、内腹斜筋、外腹斜筋、腹直筋があります。
背筋には脊柱起立筋や多裂筋があります。
この筋肉のなかでも重要なのがインナーマッスルと言われるのが腹横筋と多裂筋です。
インナーマッスルとは身体の内側にあり関節の安定性に関与する筋肉になります。インナーマッスルをしっかり働かせてアウターマッスルとインナーマッスルをバランス良く働かせることが大切です。

② 代表的な腰の病気・病態
腰椎椎間板ヘルニア
腰部脊柱管狭窄症
変形性腰椎症
腰椎すべり症
腰椎分離症


③ 柔軟性と筋力が必要不可欠
腰痛を解消するためにはなるべく腰に過度の負担をかけずに正しい身体の使い方をすることが大切です。からだの硬い人は柔軟性を高めることも重要なことです。ただし、やみくもにストレッチをすればいいとは限りません。正しいメニューで正しいフォームでやらなければ、せっかく腰痛を治すためにやっていることが実は逆に腰痛を悪化させていることもあります。
頭頚部を含めた上半身・体幹・脊柱・骨盤の柔軟性や股関節の柔軟性を高めることも重要になります。
また膝関節・足関節の機能不全も腰痛の原因になります。
全身の筋肉・関節をうまく機能させることが大切です。

④ 姿勢と動作
姿勢や動作も腰痛軽減には重要です。
円背や猫背、逆にそりすぎの腰も腰痛の原因になります。
姿勢は自分自身ではなかなか気づきにくく気づくと姿勢が悪くなっているものです。鏡に映った自分の姿勢をみてハッとしたことありませんか?
姿勢を正すには自分で意識することが重要です。姿勢を正すには体の柔軟性も必要ですし、正しい姿勢を保持する筋力も必要となります。
姿勢を正すのは簡単なようですが実はとても難しいことだと思います。自分では正しいと思っていても他の人が見れば曲がっていたりします。

当院では腰痛軽減のために姿勢や動作の専門家である理学療法士が個別に姿勢指導や動作指導を取り入れています。
自宅でできるような体操メニューを指導することもあります。

ご希望の方は当院受診していただき医師とご相談ください。

あけましておめでとうございます

あけましておめでとうございます
今年も患者様・地域の皆様・職員のために貢献してまいります。
また、理学療法を極められるように日々精進していきます。
ここで初心を思い出すために理学療法士の基本理念を紹介いたします。


理学療法士基本理念

私たちは理学療法士として、すべてのひとの健康と幸福を実現するために
一、「尊厳ある自立」とその「くらし」を守ります。
一、真に求められる理学療法科学の探求と創造、そして自らの技能と資質の向上に努力します。
一、必要な提言や社会的行動を精力的に行います。


基本理念を念頭におき行動していきます。
本年もどうぞよろしくお願いします。

Pagination

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。