最新コメント

腎障害時の疼痛コントロールのこつ

演題名:整形外科領域における安全面から見た薬剤による腎障害、腎障害時の疼痛コントロールのコツ
演者 佐藤順一先生(さいたま赤十字病院 腎臓内科)
日時:平成28年9月15日(木)


最近はトラマドール等の痛み止めがあり、長期処方することは少なくなってはいますが、やはり、痛みが強いと処方が長期化することがあります。今回の講演で、NSAIDによる腎機能障害を常に念頭に置く必要があることを改め認識しました。


*AKIの定義(KDIGO基準):・・・・48時間以内にCrが0.3以上上昇した場合・・・
*両腎を手術で摘出した翌日はCrは1ぐらいしか上がらないのだから、Crが0.5から1.5に上昇したのは大変なことなのだ!
*RAASがあるから人間はNaClがなくても生きられるが、ではなぜ人間はNaClを摂取するか・・人間にとってNaClは麻薬みたいなものだからだ。
*活性型VitD製剤でも、高Ca血症により引き起こされる脱水により腎前生AKIが起こることがある。
*NSAIDを使用する場合、RAAS阻害剤・利尿剤を使用しているかの確認・Sick Day Ruleを作る、処方2週後くらいに血液検査をしましょう。AKIを早期に発見しなければCKDへの道をたどる!!

なるほど・・気をつけよう。

シニア体操教室を始めました。


シニアの方々の健康を維持するためには、笑ったり・おしゃべりしながら楽しく運動することは、
どんなサプリメントを飲むことよりも効果があることだと思います。


臨床の場で私たちがシニアの患者さんに体操をお勧めして、早速体操教室やデーサービスに通い始めてくださる方もいらっしゃいますが、なかにはデーサービスでの集団体操では物足りなかったり、一般の体操教室では人数が多くて気後れしてしまったり、膝が痛むので体操できないなど、始めるにはハードルが幾つもありなかなか一歩を踏み出すことができない方もたくさんいらして歯がゆくおもっておりました。

  そこで、当院では昨年改装工事をして丁度良い広さの多目的室ができたので、骨粗鬆症などで定期的に通院されている患者様向けに、気軽に楽しく体操ができるシニア体操教室を始めることにしました。

⚪︎ 楽しい体操教室を探していらっしゃる方
⚪︎ 毎週定期的に教室に通うことが難しい方
⚪︎ 現在通っていらしゃる体操教室に物足りなさを感じていらっしゃる方
⚪︎ 痛みがあり体操をすることが不安な方
⚪︎ スポーツジムに一人で通うことが不安な方

こんなシニアの患者さん向けの体操教室です。

独り住いの方は、自宅にこもりがちです。
一月に一回でも体操教室でも、みんなで笑いながら体操できたらどんなに良いでしょう。
まず一歩、是非参加してみてください。

体操教室が始まる前はみなさんとても硬い表情をされていますが、一時間笑いながら体操をすると、顔の色が少し紅潮し、みなさん笑顔でお帰りになります。

参加希望される方は外来でご説明いたします。お気軽にお声をかけてください。



多目的室

     場所:当院4階 多目的室
日時:①水曜日 10:00〜11:00
②木曜日 13:30〜14:30
③木曜日 10:00〜11:00 (シニアヨガ教室)
*体操教室は事前に血圧測定があります。



理学療法士(常勤)募集

理学療法士(常勤)募集

ただいま理学療法士(常勤)を募集しております。

当院は”患者様が笑顔になれるクリニック・痛みが和らぎ、気持ちが和らぎ、
     来院してよかったと思っていただけるようなクリニック”
を目指しています。



昨年5月にクリニックの改装工事をおこない、リハ室もリニューアルし、広くて明るく働きやすいリハ室になりました。
リハ室2




リハ室3


当院では運動器リハビリを中心としたリハビリをおこなっております。
業務内容はリハ室の受付業務と物理療法の手伝い等です。
6名のPT・1名のOTと一緒に患者様の痛みを和らげるお手伝いをしてみませんか。
あなたの笑顔が、患者さんたちの笑顔になります!
リハ室4


*溝の口の駅からも近く通勤も便利
明るく元気で運動がお好きな方を募集

*勤務時間:9:00~18:00 (早番・遅番あり)
*週休2日制
*交通費全額支給 社会保険完備 昼食補助あり


あなたの笑顔が、患者さんたちの笑顔になります!
安藤整形外科外科で一緒に働きませんか!
当院での仕事を通して、スタッフそれぞれが自分たちの夢を実現し成長していける、
そんなクリニックになれるよう頑張っております。


まずはお気軽にご連絡ください。
安藤整形外科 総務課
044-811-3936

soumu@ando-hospital.com

医事課職員募集

医事課職員(常勤)募集

ただいま医事課の職員(常勤)を募集しております。

当院は

”患者様が笑顔になれるクリニック・痛みが和らぎ、気持ちが和らぎ、
     来院してよかったと思っていただけるようなクリニック


を目指しています。


そして、働くスタッフが楽しくてやりがいを持てるクリニック
毎日笑顔、毎日勉強、充実した日々が過ごせるようなクリニックでありたいと思っています。

受付写真

リニューアルして5月で1年になります。
建物の5階に受付が移動したので、とても明るく広い受付になりました。
電子カルテ・予約システムを導入しており、とても働きやすい環境です。
待合室


*溝の口の駅からも近く通勤も便利
*Word Excelの入力ができる方
*医事課の研修を終えた方・整形外科のレセプト請求の経験のある方を歓迎
*経験がない方も、やる気のある方であればOK!
 当院で研修をしていただきます。

*勤務時間:8:45~17:45
*週休2日制
*交通費全額支給 社会保険完備 昼食補助あり


あなたの笑顔が、患者さんたちの笑顔になります!
安藤整形外科外科で一緒に働きませんか!
当院での仕事を通して、スタッフそれぞれが自分たちの夢を実現し成長していける、
そんなクリニックになれるよう頑張っております。


まずはお気軽にご連絡ください。
安藤整形外科 総務課
044-811-3936

soumu@ando-hospital.com

腰痛シンポジウム

腰痛シンポジウムに行ってきました。日常診療で診ることの多い腰痛について、そのメカニズムと治療法についての講演でした。

⚫️中村雅也教授(慶応大学)
平成22〜24年にわたる疫学調査の結果、慢性疼痛の有症者は15.4%で、疼痛部位は腰、頸、肩、膝に高頻度にみられた。有症者の42%が治療を受け取り、その内訳は医療機関が19%、民間療法が20%であった。治療期間は1年以上が70%と長期化しており、症状は3割が不変か悪化しており、治療に対する満足度は低かった。
→確かに!日常診療でもそのくらいの数字のような印象を受けます。運動器の慢性疼痛に対する治療体系を改めて見直すべきだと思いました。

⚫️関口美穂教授(福島県立医大)
腰椎椎間板ヘルニアはヘルニアによる神経根の圧迫(機械的圧迫因子)と炎症性サイトカイン(化学的因子)の両因子の存在が疼痛発現の病態として注目されている。
→緻密な研究に頭が下がります。

⚫️田口敏彦教授(山口大学)
神経機能障害からみた腰痛は、非器質的疼痛でなければ、侵害受容性疼か神経障害性疼痛かあるいはその混合性疼痛であり、6つの神経が痛みを発していることになる。侵害受容器のない神経根・馬尾・交通枝の痛みはすべて侵害受容性疼痛である。
→何度伺ってもわかりやすい講演で頭が整理されます。

⚫️川口善治教授(富山大学)
実際に腰痛患者に進めているWalkingと背筋運動について。
→早速、明日から外来で指導してみよう。

⚫️片田重彦先生(かただ整形外科)
仙腸関節機能障害とAKAー博田法
腰痛の原因は1980年仙腸関節運動障害があり、その軟部組織に存在する侵害受容器から疼痛が出現する。仙腸関節機能障害には3つの病態があり、機能異常を主体とする仙腸関節機能異常、関節炎を主体とする仙腸関節炎、その両者の混在する仙腸関節炎特殊型とした。腰痛に伴う神経脱落症状のない下肢痛としびれは、ほとんどすべて仙腸関節機能障害から生じる関連痛である。
→一度拝聴したかった講演です。是非一度、AKAの研究会に参加してみたいと思いました。

⚫️牛田享宏教授(愛知医科大学)
諸外国では半世紀以上前から麻酔科、整形外科、精神心理の専門家などを集積させ、しんりょうする集学的アプローチが進められてきている。本邦では2010年に”今後の慢性の痛み対策について(提言)”をまとめ、それに沿って集学的痛みセンターの開発が行われている。
→全く知りませんでした。このような取り組みが始まっていたのですね。

⚫️土井田稔教授(岩手医大)
手術療法
腰痛のメカニズムはすべての要素が複雑に関与していることが多く、個々の症例に応じて正しい病態を見極めた上で最適な手術療法を選択することが重要である。


シンポジウムの内容を書き留めました。

Pagination